2018年 7月 16日 (月)

熊本出身の女子プロ野球選手・片岡安祐美「変なデマ流すおかしな人いる。最低だよ」

印刷

   熊本県出身の女子プロ野球選手の片岡安祐美は4月19日(2016年)、熊本地震被災地にツイッターでデマ情報が流されているのに対し、「みんなを不安がらせて楽しいのかな、おかしいよ」とブログで批判した。

   片岡の実家は熊本市東区にある。「断水が続いてたり、井戸水があるところにお水をもらいにいったり、川の水を汲んでトイレに使ったりです。近くのスーパーやコンビニに食べものはなく、がらんとした状態。でも、ご近所さん同士で食べものを分け合って、声かけあって、支え合って。昨日はインスタントのお味噌汁飲んで、『おいしいね』って心からつぶやいてた」と話す。

   食料、ベビー用品、生理用品など必要なものは揃っているが、「これが欲しいって声に出して言えなかったってものもあります」。ノートやペン、コーヒーなどは「生きていくのが必死なときに贅沢しちゃいけない」と我慢した。

   だが、「こんなときにおかしなことをする人がいるんです。火事って言って花火の写真。ライオンが逃げた、気象庁の発表だって言ってM7以上の地震がくるから家に入るなって」とツイッター上のデマに怒る。空き巣や強盗も起きていて、「最低だよ。どんな理由でも、それは絶対におかしい」「神様、みんな必死です。十分頑張ってるよ。もうやめてあげてください」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中