<スポットライト 世紀のスクープ>
1000人超の幼児・少年レイプしてた神父たち!タブーに挑んだ果敢な新聞編集局

印刷
Photo by Kerry Hayes (C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC
Photo by Kerry Hayes (C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

   アカデミー賞の作品賞と脚本賞を受賞し、「ジャーナリズムの真実の姿がここに」とジャーナリストから高く評価されている。アメリカ東部の地方紙「ボストン・グローブ」紙の実話をもとにしている。

   新しい編集局長にマーティ・バロン(リーブ・シュレイバー)が着任した。マイアミからやってきたバロンは、地元のカトリック教会の神父が30年間に80人も性的虐待を行ったという情報を追及すると宣言する。周囲ではこれまで口にすることもタブーとされてきた噂だ。

   担当を命じられたのは「スポットライト」欄を手がける4人の記者だった。「スポットライト」は1つのネタを数か月間じっくりと追いかけ、1年間にわたって連載する特集記事だ。デスクのウォルター・ロビンソン(マイケル・キートン)をリーダーとするチームは、被害者や弁護士たちへの地道な取材を積み重ねる。

無言の圧力、判事の脅しに「記事にしない責任を取るのか」

   性的虐待が描かれるわけでもなく、神父を告発するシーンがあるわけでもない。しかし、神父や幼児の映像がフラッシュバックのようにときおりインサートされることで、かえっておぞましさが増す。カメラは丹念に記者の取材活動を追っていく。

   無言の圧力もあって、取材は困難を極めた。しかし、記者たちは果敢に立ち向かう。神父の犯罪を裏付ける資料の提供を求めると、判事は渋る。「この文書はかなり機密性が高い。これを記事にした場合、責任は誰が取るのか」と判事が脅すと、記者はこう切り返す。「では、記事にしない場合の責任は?」

   取材を進めていくと、数十人の神父の性的虐待をカトリック教会が組織ぐるみで隠蔽してきた事実が判明する。被害者は1000人を超えていた。「スポットライト」チームは個々の神父を糾弾するのではなく、「教会」という組織による隠蔽システムを暴くという方針を決定する。2002年1月、全米を震撼させる「世紀のスクープ」がグローブ紙の1面を飾った。

評価高いが・・・試合結果わかっているスポーツ番組を見ている物足りなさ

   なにか物足りなさを覚える映画だった。まるで録画しておいた、試合結果が分かっているスポーツ中継を見ている感じだ。ずいぶん昔になるが、映画評論家の蓮実重彦がある映画を批評するにあたって、冒頭にこう書いていたのを思い出した。「この作品はアカデミー賞を獲ったくらいだからたいした映画ではない」

佐竹大心

オススメ度☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中