2018年 9月 25日 (火)

小林よしのり「わしはもうヲタではなく一般ファンである。まゆゆが卒業したら一般ファンすら卒業するかも」

印刷

   AKB48グループのファンで知られる漫画家の小林よしのりは5月1日(2016年)、「わしはもうヲタではない」とブログで宣言した。前日の夜に見たNHK「AKB48 SHOW」の感想を語り、「わしがまたヲタになってると勘違いされそうだが、一般ファンとして見ているにすぎない」と言う。ただ、既に知識の蓄積があるために「インタビューが来ても応えられてしまうし、たまたまグループがテレビに映ったら目を凝らして観察してしまうし、さらにまずいことに、NGTなど新しいグループの中の逸材が目に飛び込んで来てしまう」。

   だが、「CDを膨大に買ってしまうような馬鹿はもうやめた」ため、「わしはもうヲタではない。嵌り過ぎの自分の馬鹿が客観的に見えるようになったから、今は一般ファンである」ときっぱり。それでも「推しメン」の渡辺麻友だけは特別のようで、「まゆゆが卒業したら、さすがにわしも一般ファンすら卒業するかもしれない」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中