路線バス「公道バトル」乗客乗せたまま激しく接触!運転手同士ケンカ

印刷

   中国・天津で先月(2016年4月)29日、乗客を乗せた2台の路線バスが「公道バトル」を繰り広げ、乗客6人が負傷し、運転手2人は危険運転の疑いで逮捕された。

   司会の小倉智昭「ナニやってんの!」

「バス停の停め方悪い」

   バトルの発端はバスの停車場所をめぐるトラブルだった。バス停に止まっていたところに後からもう1台のバスがやって来たが、前のバスの止め方がわるく入れない。「お前みたいなバスの止め方をする奴があるか」と叫んでいざこざが始まった。

tv_20160509170441.jpg

   前のバスは発車したが、後のバスが幅寄せする格好になり2台は側面を激しく接触させた。窓ガラスは吹き飛び、乗客は飛ばされるなどして、悲鳴が上がったという。ケガの大半はガラスの破片によるものだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中