千葉のわけあり豪邸1111万円で落札!入札者は1人・・・やっぱり気味悪い?

印刷

   千葉市がネットの官公庁オークションにかけ、「超格安」と話題になっていたわけあり豪邸がきのう17日(2016年5月)に入札が締め切られ、1111万1100円で落札された。入札者は1人だった。

   物件は滞納された税金回収のために千葉市が差し押さえたもので、場所はJR土気駅の南2.9キロ、近くには通称「チバリーヒルズ」と呼ばれる高級住宅地もある。築23年、敷地面積500平方メートル、3階立てでバルコニーまでついた10LDKだ。不動産鑑定士によると土地と合わせて約2500万円だが、最低落札価格756万円でオークションに出されていた。

2年前に屋敷内で殺人事件

   わけありというのは、「平成26年1月に建物内で殺人事件が発生した物件」だからで、住人の男性が1階で血を流して見つかり、事件は未だ未解決だ。建物内は事件当時のまま。オークションに添えられた写真を見ても、ハンガーラックに衣類がかけられており、寝室、キッチン、浴室、トイレまで住人が生活していた時のままだ。これはちょっと不気味である。

   森圭介アナ「1111万円は高いか、安いか」

   大沢あかね(タレント)「私だったら、まず手は出せいないかなあ。建物そのまんまでは恐いなと思う。土地に罪はないけど」

   森「不動産鑑定士によると、これを更地にして転売するという方法もあるそうです。その場合も、こういう土地であるということは知らせないといけないと」

   支払い期限は来週火曜日(24日)。支払いがなければ再入札となる。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中