2018年 9月 22日 (土)

茂木健一郎「自民・小島県議『基地外』、2ちゃん用語のリテラシー高いですね。『ききちがい』だったと願います」

印刷

   脳科学者の茂木健一郎は5月24日(2016年)、同日の神奈川新聞で報じられた自民党の小島健一県議(横浜市青葉区)の発言をツイッターで取り上げた。

   小島県議は8日に沖縄復帰44周年を記念する集会に出席し、沖縄の米軍基地反対運動に言及した。

   「沖縄の基地の周りには、基地に反対だとかオスプレイに反対だとか、毎日のように騒いでいる人たちがいる。これを、基地の外にいる方ということで『きちがい』と呼んでいる。これは神奈川県も同様で、大変苦慮している」。

   「基地外」とイントネーションを変えており、差別的な発言ではないという。

   茂木はこれに対し、「自民・小島県議、2ちゃん用語のリテラシー、高いですね。ご発言自体については、『ききちがい』(聞き違い)であることを願います」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中