「カップヌードル総選挙」世界各地のご当地味を人気投票!1位は日本でも販売

印刷

   カップ麺の元祖、日清食品のカップヌードルでいま総選挙が行われているのをご存知か。いまや世界各地の「ご当地味」が100種類もあって、投票で1位になったら日本でも発売するという。

   でも、ご当地味を味わうにはその国に行かないと買えない。選挙期間は5月31日(2016年)までだが、どうやって投票するの?

ライム味のタイ、わさび味のドイツ、汁が少なく麺短いインドなど20候補

   ご当地味の中から、中国、香港、タイ、シンガポール、フィリピン、インドネシ、インド、ドイツ、アメリカ、メキシコ、ブラジルで売られている20種類を選んで、人気投票にかけた。しかし、いずれも「現地消費」が原則なので、日本で味わうことはできない。日清食品のホームページのパッケージ写真とコメントを見て、目で選ぶしかない。

香港のいいよ

   というわけで、中山美香リポーターが日清食品を訪れて、試食することになった。20種類のパッケージはなかなか壮観だが、輸入はしていないので、日清でも揃えるのは大変なのだという。このうち10種類を味わおうというわけだ。一つひとつ食べてみた中山のコメントは―

   「爽やか。ライムの香りが口の中に広がって」(タイ・ムーマナオ)

   「わさびですねえ」と一瞬むせた。(ドイツ・ワサビ ゲシュマック)

   「おいしい。カレー味のヌードルとは違う」(インド・マゼダール マサラ)他のものとは違い、汁が少なく麺が短い。

もっと早く食べたい!日本発売は11月

   スタジオも6種類の試食が行われた。司会の加藤浩次は中国のヌードル「五香牛肉風味」だ。「けっこう薄味です」

   大沢あかね(タレント)はタイの「トムヤムシュリンプ サーブ」で、「日本のトムヤムよりあっさりしています」

   宮崎哲弥(評論家)は香港の「香辣海鮮味」。「山椒のような味でおいしい」

   タイの「ムーマナオ」を食べた近藤春菜キャスターは「爽やか。さっぱり」、岩本乃蒼アナは「辛さが効いてておいしい」などなど。

   1位になったものは11月に日本で販売されるというのだが、ずいぶん先の話だ。忘れられてしまうのではないの。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中