寒い山中に置き去りが「しつけ」?不明の小学生見つからず・・・滑落やクマ出没

印刷
「やまと~」「やまと~」

   真っ暗闇の森に響き渡る母親の声に7歳の息子の応答はない。北海道・函館市の北にある七飯町の山林で28日(2016年5月)に行方がわからなくなった小学2年生の田野岡大和君の捜索は、警察、消防など180人態勢で行われているが、けさ30日の朝になっても依然わからない。

ウソの届け出した父親「DVを疑われると思ったので・・・」

   両親は家族4人で山菜採りに行って行方不明になったと届け出たが、実際は家族でドライブ旅行中に言うことを聞かなかない大和君を午後5時ごろ山林に置き去りにしたことが分かった。5分後に連れに戻ったが、大和君の姿はなかったという。父親は「お仕置きを言うとDV(家庭内暴力)を疑われると思った」と話している。

大人でも怖い

   七飯町大沼国際観光コンペンション協会の小泉真会長は、「小さな子なので森の中に入り込んだら高い崖もあり滑落危険です。熊の問題もゼロではない」という。宇賀なつみキャスターは「あんな山の中に1人って、大人でも怖いですよねえ」と顔をしかめた。

   これをしつけというかどうか。虐待ではないのか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中