いまさら焦っても始まらない36歳婚活現状報告!出会いは多いのに決定力不足

印刷

   このところ思うのは、何事も焦ってはいけないんだなと。私のアセリはズバリ、結婚だ。36歳独身、結婚できないんじゃなくてしたくないんです!とは口が裂けても言えない。そろそろ落ち着きたいという想いで婚活に励んできて、いまだ成果は出ず。この仕事をしていると出会いが多いでしょ!と言われるが、恋愛関係に発展することがないから、まだ一人身でいる。そこでいろいろと手を出してみたけれど、どれもうまくいかず、焦燥感に駆られる日々を過ごしている。継続は力なり。というのは婚活にかぎっては言えないのかしら。それとも、数打ちゃ当たるを信じて、継続をしていくべきなのだろうか。自分が結婚にまつわる大きな社会のサイクルの中でもがいていて、そういう輩を相手にしたビジネスに翻弄されているような気がしてならない。どうやら心が疲れてきていることに最近気が付いた。

いい条件求めてハードル上げる悪循環

   マッチングアプリみたいなのに参加して、これまでに会った男性は数知れず。でもそういうのに限って、ラフな付き合いいいかえればセフレになってしまう可能性は高い。結婚を前提にしたお付き合いという概念が少ない男性とばかり会ってしまう、この悪循環。友人はこれで結婚にまでこぎつけたので、後に続けと思っていたが、どうやらそんなコトは奇跡に近いってことにも気が付き始めた。

   そして、お互いが結婚したいという意識の男女が登録する結婚相談所にも登録してみた。でも自分は見合いには向いていないのではないと気付いた。20万円ほど投資してみたけれど、成婚には至らず。カタログのように相手の年齢、学歴、年収、家族構成を吟味して指名をする。すると、コチトラ金払ってまで出会いを求めているんだから、もっといい条件の男と出会いたい!と自ら相手のハードルを上げて可能性を狭めてしまう、これも悪循環。そしてこういったものに登録している男性は子供を欲しいと思っているため、相手女性の年齢がとにかく30代前半までという人が多い。たとえ自分自身が40代後半だろうと、女性は20代から30代前半までと平気でぬかすような男たちばかりだ。36歳ともなると市場価値が低いので婚活を続けるには根気が必要ですと入会時には言われたのが、その意味を痛いほど味わった。となるとここでまた悪循環が生まれてくる。自分はもう婚期を逃したのだという認めたくない現実を突き付けられ、商品価値がないとレッテルを張られたような気がして自己否定されて自信喪失となる。んでもって余計に落ち込み、さらに早くなんとか手を打たねばと別の結婚相談所に駆け込もうかと貯金と相談するハメになる。完全に婚活ビジネスに飲み込まれている図がそこにはある。

冷やかしの既婚者も多いマッチングアプリ

   それではいやだ、自力でなんとかするんだと再びマッチングアプリを起動させ、そこで出会おうともはや意地だけで動く。とはいえ今のところ結果は出ていない。付き合うまで到達すらしていない。ちなみに同じマッチングアプリを使っている友人は、何人も既婚者と会ったという。女性の場合はかなり真剣な交際を希望してアプリに登録しているが、男性側はやはり軽い気持ちで登録している人の方が多いのかもしれない。既婚者だとわかり相手に抗議したところ、君みたいな女の子が登録するアプリではない!と一蹴された女友達もいたほどだ。

   独身生活が長いので、いろいろな男性と会う機会だけは多いと思うことをプラスに考えるのか、それとも誰からも選ばれず自らも誰も選んでいないことを嘆くべきなのか。仕事と恋愛を両立できない不器用な身ながら、いつかこの悪循環から抜けたいと、やはり焦ってしまうのである。焦ってもカスつかんだら、しょうがないのにと言い聞かせながら。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中