2018年 9月 24日 (月)

「舛添家族旅行は違法性強い」元検事の郷原信郎弁護士!虚偽記載の疑い

印刷

   「不適切だが、違法性はない」

   予想されていたような結果だった。東京都の舛添要一知事は政治資金の「公私混同」疑惑について、きのう6日(2016年6月)、第三者の元検事で弁護士の2人と調査報告書を明らかにした。舛添氏は「大変厳しいご指摘を頂いた。生れ変わった気持ちで新たに都政に臨んでいきたい」と続投を表明した。

第三者報告書には出席メンバーも議事録もなし

   会見は「違法性はない」がキーワードで、108分の間に13回使われた。本当に違法性はなかったのか。元検事の弁護士、郷原信郎氏に聞いた。郷原氏がポイントとしたのが、2013年、14年の正月の千葉県木更津市のスパホテルの宿泊の件だ。舛添氏は「都知事選について事務所関係者らで重要な会議をした」と釈明していたが、出版社の社長と数時間面談しただけだった。

羽鳥:違法ですか!?

   報告書は「全体として見れば、家族旅行だと判断するのが合理的だ」と判断した。不適切だったが違法性はないというのだが、報告書には出席メンバーや議事録の資料もなかった。

   司会の羽鳥慎一「郷原さんだったら、どう判断しますか」

   郷原「この点は適切かどうかの問題よりも、違法性が問題になる唯一の点だと思います」

   羽鳥「えっ、これは違法に近いということですか」

   郷原「もし会議がなかったとすれば、虚偽記載ということになります。それなのに出版社の社長に直接ヒアリングしていない。私なら本当にホテルに行ったのかどうか調べます」

問われているのは都議会と都民

   羽鳥「人によって、こんなに結果が変わってくるんですね」

   青木理(ジャーナリスト)「ひょっとして違法になったとしても、刑事事件として立件しようとすれば、多分、これくらいの金額(37万1100円)では立件されないでしょう。この結果をどう見るかは、国民の判断になりますので、都議会や都民、マスメディアがこれを許すか、許さないのか、問われているわけです」

   まずは、都議会での対応だ

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中