東日本被災地「ポンジ・スキーム詐欺」横行!高利うたって金集め運用せず

印刷

   毎月2%から10%という高利の配当を約束して資金を集める「しあわせ共済会リンクル」のトラブル相談が、宮城県と福島県の消費生活センターに相次いでいる。勧誘は破たんまで10年以上つづき、姿を消したという。

   司会の羽鳥慎一「東日本大震災の被災地で被害が急増しています。怪しい団体を追跡しました」

狙われた義捐金、支援金、原発事故補償金・・・被害総額60億円

   多いときは800万円を預けたという男性(29)は「2013年から今年(2016年)4月までは利息が毎月振り込まれていました。いまは550万円が返ってこない」と話す。少額から始めたという女性(37)の手元にある証書には、「問い合わせは事務局でなく、紹介者にしてください」「このことは他言しなでください」などと記載されていた。

怪しい団体

   被害者弁護団の佐藤靖祥弁護士は「ポンジ・スキーム」といわれる手口ではないかという。アメリカの詐欺師チャールズ・ポンジは高利をうたって集めた金を運用せず、それ以前に加入した会員に配ることを繰り返すやり方だ。新規会員加入が続かなければ、たちまち破綻だ。

   「義捐金や支援金、福島原発の事故補償金が食われていったという感じです」と佐藤弁護士は言う。被害総額を東北地方だけで60億円以上にのぼると見ている。

「しあわせ共済会リンクル」事務担当者は自殺

   野上慎平アナ「意図的に福島を狙ったかもしれません」

   この団体の事務担当者は5月6日に東京で自殺していた。「モーニングショー」が団体の代表番号に電話すると、「ただいま電話に出ることができません」のテープが返ってきた。都内の事務所を直撃したが返事はなく、ビルから会社名がはずされていた。今も福島県内ではこの団体幹部によるセミナーが予定されているという。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中