いまが旬!クマも人もネマガリタケ求めて山奥へ・・・今年は不作で接近遭遇

印刷

   秋田、岐阜、鳥取、山形、岩手と各地でクマの出没し、山に入った人が襲われている。鹿角市の猟友会が射殺した雌のクマの胃や腸からは、人体の一部とみられるものが見つかった。人を食べたクマを放置すると、味をしめてまた襲うという。

行方不明になった男性「来年もまた来るよ」

   なぜ危険を承知で山に入るのか。行方不明となり、無事に保護された男性は「これを採って売るため。この年になって何の仕事があるかって、これ以外の方法はない。来年もまた山に入りますよ」という。これとは今が旬のネマガリダケである。普通のタケノコよりも小さいが、秋田出身の司会の小倉智昭は「このタケノコは美味しいですよ」と絶賛する。クマにとっても人気の山菜だ。

美味しいよ

   ところが、今年はネマガリダケが不作で、人もクマもネガマリダケを求めているうち遭遇してしまうらしい。クマの生態に詳しい岩手大学の青井俊樹元教授は「いつ襲われてもおかしくない状況があちこちで広がっています。音を立てるとか、複数で固まっていないと事故にあいます」と注意を呼び掛けている。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中