クマがラーメン食べに来た?国道沿い専門店!真っ黒なのがドアに突進

印刷

   神奈川・相模原市の国道沿いのラーメン店にクマが現れた。周囲には民家も多い場所で、襲撃を受けたのは先月(2916年5月)28日の午後9時すぎのことだった。大竹真リポーターが現場に出かけて行った。

「ラーメン店の店主がテレビを見ていたところ、黒い物体が相当のスピードで入り口のガラス扉に突進してきたということなんです」

   「あっ、クマだと思って。ほんとにやられる。これはやられるんじゃないかっておもいましたね」と店主は恐怖を語る。クマは体長1.5メートルほどで、店主はとっさに店の奥に逃げた。

ガラスに生々しい鼻や手の跡

   大竹「よくドアのガラスが割れなかったですね」

   店主「昨年(2015年)、強化ガラスに変えていたんです。扉は自動ドアだったんですが、クマのスピードが速かったためか反応せず、開きませんでした」

   扉にはクマの鼻や手の跡が生々しく残っている。それにしても、なぜラーメン店に来たのか。兵庫県立大の横山真弓教授は「動物性の臭いに誘われてきたのかもしれません」と話す。この店では豚骨、鳥ガラ、魚介類でだしをとっている。大竹がそのラーメンを食べている。「だしがきいていて、さっぱりの中にし味わいがあります。くまもラーメンを食べに来たのでしょうか」

   相模原市では小学生にクマよけの鈴を持たせることにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中