6月に集中「悪質な無料廃品回収」タダだと思ったらトラック積込み料6万円請求

印刷

   家の前を小型トラックが行く。「ご家庭で不要となりましたテレビやパソコン、家具などを無料で回収します。壊れていても構いません」という廃品回収だ。このトラブルがあいついでいて、国民生活センターに寄せられる苦情相談が年間1000件以上もあるという。雨天が多く家に人がいる6月にとくに被害が多い。

   佐藤俊吉アナ「家のポストにも無料回収のビラが入っています。国民生活センターは先月(2016年5月)、注意を呼びかけました」

被害の半数以上が60歳代女性!すごまれて仕方なく支払い

   センター相談情報部の丸山琴野さんは「回収代金は無料でも、積み込み料が発生しますと6万円も請求されたケースもあります。とくに、男性2人組で巡回するケースでは『トラック1台出せば3万円以上、2人で2台なので6万円』とすごまれて、積み込んだ荷物を自分で下ろすのは大変だし、仕方なく支払ったという例もありました。こういうトラブルの被害は60歳代の女性が半数以上です」と警告する。

   佐藤アナ「悪質な業者を見抜くのは3つのポイントがあります。『町中を大音量で無料、無料と巡回している』『無料のチラシの連絡先が個人の携帯電話の番号のみ』「空き地で回収は無許可が多い」などです」(佐藤アナ)

   ならばどうするべきか。「廃品処分の鉄則はまずは自治体に相談すべきです。粗大ごみの回収には料金がかかりますが、300円から大きなタンスでも2500円程です。家電(テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機)は家電リサイクル法でそれぞれの回収値段が決められています(1000円から5000円程)。大きくて一人では運べなければ、役所に相談すれば無料で手伝ってくれる場合もあります」(佐藤アナ)

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中