舛添都知事さみしい最終日・・・お別れセレモニーもなく、見送った都職員たった8人

印刷

   舛添要一都知事はきのう20日(2016年6月)、お別れセレモニーもなく、たった8人の職員に見送られて都庁を後にした。新知事選をめぐっては、青山和弘記者が「自民党に野党と相乗りできる候補を探す動きがあります」と伝える。民進党は相乗りに慎重で、参院選を意識して対決姿勢を強めている。「ただ、都議会で自民・公明が多数を占めているので、相乗りがいいと考える人もいます」(青山記者)

参院選でウヤムヤ

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「知事選と参院選がゴチャゴチャにされています。舛添疑惑の総括はされていません。参院選への影響ばかりで論じられている」

   相乗りか対決かは政党の都合次第というのでは、疑惑も批判も雲散霧消してしまう。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中