2018年 9月 24日 (月)

舛添都知事さみしい最終日・・・お別れセレモニーもなく、見送った都職員たった8人

印刷

   舛添要一都知事はきのう20日(2016年6月)、お別れセレモニーもなく、たった8人の職員に見送られて都庁を後にした。新知事選をめぐっては、青山和弘記者が「自民党に野党と相乗りできる候補を探す動きがあります」と伝える。民進党は相乗りに慎重で、参院選を意識して対決姿勢を強めている。「ただ、都議会で自民・公明が多数を占めているので、相乗りがいいと考える人もいます」(青山記者)

参院選でウヤムヤ

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「知事選と参院選がゴチャゴチャにされています。舛添疑惑の総括はされていません。参院選への影響ばかりで論じられている」

   相乗りか対決かは政党の都合次第というのでは、疑惑も批判も雲散霧消してしまう。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中