女将にセクハラ「出入り禁止常連客」居酒屋の植え込み、のぼり壊して御用!

印刷

   大津市の居酒屋の前で植え込みや幟を壊したとして、市内の男(59)が器物損壊の疑いで先月(2016年5月)に逮捕された。何回も嫌がらせをするため、店が防犯カメラを設置したところ、その日のうちに犯行が写っていた。15年来の常連客だったが、2年前に女将にセクハラをしたため「出入り禁止」にされたのを逆恨みしたらしい。

略式起訴され罰金40万円

   嫌がらせは2か月前から相次いだ。店が終わった頃に軽トラックがやってきて、玄関の前でいたずらをして帰っていく。店ではエスカレートを恐れ5月に防犯カメラを置いた。映像は何回かあり、予想した通りセクハラをした男だった。

tv_20160621114110.jpg

   5月23日夜、男が店の前にいるのを近所の人が見つけ警察に通報し、逮捕された。男は「知らない」ととぼけていたが、防犯カメラに一部始終記録されていた。略式起訴され、40万円の罰金を支払った。

防犯カメラに一部始終

   司会の羽鳥慎一「どう思いますか」

   青木理(ジャーナリスト)「この男、子どもっぽい感じがしますね。いい大人が何をしているのかと」

   羽鳥「防犯カメラがあって、警察が動いたということでしょうか」

   菅野朋子(弁護士)「立証できないと難しいですからね。今は防犯カメラの映像は凄く貴重ですね。防犯カメラというより監視カメラです。最近では個人の家庭でも付けている人もいます」

   青木「プライバシーの問題もあり、捜査、防犯とのバランスが必要ですね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中