「ポスト舛添」最有力?櫻井翔パパどんな人?通信行政専門のエリート官僚

印刷

   「ポスト舛添が注目されています。アイドルグループ『嵐』の櫻井翔さんの父親、前総務事務次官の櫻井俊氏(62)の名前が急浮上しています」と司会の羽鳥慎一が伝える。どんな人物なのか。

   1953年、群馬県に生まれ、進学校の前橋高校から東大法学部に進み、77年に郵政省(現・総務省)に入省し、主にNTT分割や周波数帯の再編などを担当した。去年(2015年)総務事務次官に就任し、今月(2016年6月)15日に退任した。

ワイン好きで特技はピアノ。カラオケは「遠い世界に」

   人柄はどうか。中学・高校の同級生、落語家の立川談之助に聞いてみた。「表に立ってバリバリするタイプではないんですが、ガタイもあるし、ルックスもいいし、頭もいいし。頼りになりますよ。女の子にもモテました」という。高校時代は長髪だった。カラオケの十八番は「遠い世界に」だそうだ。

tv_20160622143417.jpg

   総務省の職員に聞くと、ワインが好きで、特技はピアノ。妻と出会ったのもピアノだった。休日には「嵐」のコンサートに行くこともあり、スマホには息子のベストショットが入っている。総務省の幹部によると、高市早苗大臣とタイに行った時、「日本のスーパースターのお父さん」と紹介された。高市大臣は「とてもおちゃめでキュートで面白い方」といっている。

本人は「都知事の器ではない」・・・田﨑史郎「要請されれば断れない」

   知事選については、本人は「都知事の器ではない。要請があっても出ない」と言っているが、それでも名前があがるのはなぜか。羽鳥が説明する。その1つは「息子の知名度で無党派層へのアピール」。次は「官僚出身でカネにキレイなイメージ」。3つ目は「官邸と太いパイプ。総務大臣だった菅義偉官房長官が高く評価していること」

   時事通信の田﨑史郎・解説委員氏は「次官抜擢は官邸主導でした。都知事選出馬の要請があれば断れないかもしれない」とみている。

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「こうしてみると、息子の知名度がなければ候補として上がらなかったのではないかと思ってしまいます。親の七光りの逆ですね。こんなことで知事選びをしていいんだろうか」

   都知事選の告示は7月14日、投開票日は31日だ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中