風営法改正で朝まで夜遊び!大御所作家の至言「遊び方見て人間を知れ」

印刷

   2016年6月23日、ちょっと世の中が変わった。改正風営法が施行されたのだ。多くのクラブなどが朝までやっていたけれど、それがどうもグレーだったらしいが、それがOKとなった。

   夜遊びは人を作るなあと思う身ではあります。大御所作家さんにとにかく夜遊びしなさいと言われたことがある。まだ社会人になり立てのころだったかしら。夜遊びして世の中にはいろんな人間がいることを知りなさい。夜遊びして自分の身の丈を知りなさい。遊び方を覚えなさいというのです。根っからの酒好き遊び好きな私にとっては、天の啓示のように聞こえたものだった。

免疫のない優等生ほどいったんタガが外れると・・・

   これやっぱり正しい気がするんです。そしてもう一つ、遊び方を知らないと大人になった時にタチが悪くなるぞってね。勉強一筋で社会人になって仕事一筋でやってきた人ほど、どこかでタガが外れてしまう。30代になったあたりから遊びを覚えてしまうと、それまで免疫がない分のめりこむ率が高いのと、小銭持ちになっているので大金をはたいてしまうからだそうだ。スマートじゃなきゃ遊びとは言えないでしょと大御所はおっしゃった。

   頭が固くなりがちな年齢になったところで衝撃的な遊びを知ると、もうこれまでの自分には戻れなくなってしまう。遊び方が下手な奴は嫌われる。それを自覚しないでいる人はもはやかわいそうだとさえ言っていたな。

   さらに、夜遊びが下手な人は女遊びも下手くそな人が多いそうだ。これ、どういう因果関係なのかはわからないけれど、キャリアの長い大企業の社員ほどこの傾向があるそうだ。

日本にもそろそろ登場してほしい「ナイト・メイヤー」

   女遊びが下手というのは、女性問題を引き起こちゃうってこと。不倫相手が自殺未遂をするとか、職場まで押しかけてくるとか、もしくは職権乱用して公私混同するとか。そういった類のコトを何度も繰り返してしまうオッサンってたまにいますな。お勉強ができて、お仕事ができてだけでは人生はうまくいかない。夜遊びしてれば、身の程を知ることができたのに。

   改正風営法が施行された日、ネットニュースではオランダを始め世界各地で誕生している「夜の市長」こと「ナイト・メイヤー」の記事が上がっていた。クラブやバーなど夜の行政管理を役所と連携して行う民間人のことで、夜のエンターテインメントがたたき出す経済効果を維持し、治安を保つために奔走しているらしい。

   夜遊びもせず女遊びも下手なオッサンは、さすがのナイト・メイヤーでもコントロールできないだろうなあ。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中