2018年 7月 19日 (木)

北海道・円山公園ゴボウ大繁殖!抜いても抜いてもキリがない・・・どこから来たの?

印刷

   札幌の円山公園でゴボウが大量に生えてきた。大きな葉がいたるところに茂り、引きぬくとゴボウが出てくる。「なんや、これ?」「すごい、立派」と観光客を驚かして、抜いても抜いてもキリもない。

   ゴボウは外来種で、北海道自然保護協会の山川泰弘さんは「昔、周辺に畑があったところから種が人や動物にくっつくなどして拡散されたのでは」という。増えすぎて地表をおおうと、下にあるキツリフネやオオバコユリなど貴重な固有植物の生態系を壊す。

生命力旺盛で2・5メートルにも成長

   宇賀なつみキャスター「こんなに増えるんですね」

   月2回の駆除作業をしているが、ゴボウは元気だ。隣の円山原始林に侵入されると、天然林なので立ち入りには環境省の許可が必要になり、駆除がいっそうやりにくくなる。

夏に駆除大会

   野上慎平アナ「ここで止めないといけません」

   ゴボウは繊維質が強くこりこりしている。生命力は旺盛だ。畑栽培では種をとるゴボウが2年間で高さ2・5メートルにも成長することもある。

   司会の羽鳥慎一「このへんは動物園もあるし、いいところです。夏に駆除大会をしたほうがいいのではないですかねえ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中