2018年 9月 20日 (木)

百田尚樹「本気で都知事選に出ようかと考えている。いま名前の出てる有力候補に魅力感じない」

印刷

   作家の百田尚樹は7月31日投開票の東京都知事選へ出馬するか真剣に検討しているようだ。6月18日、「『カエルの楽園』が50万部売れたら、マジで東京都知事に立候補するんやけどなあ」とツイッターに投稿し、7月6日には「『カエルの楽園』が50万部売れたら都知事選に出ようと決めていたが、今やっと半分超えたくらいで、とても50万部は無理。で、出馬は断念したが、有力候補と言われている人たちにまったく魅力を感じない!50万部いかなくても、真剣に出馬を考え始めている」と現在の心境を語った。だが、「問題は、嫁さんの説得や」。百田氏が出馬するのか、今後の決断が注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中