2018年 9月 23日 (日)

「笑点」司会交代人気さすがに息切れ?大相撲と参院選で視聴率大幅ダウン

印刷

   桂歌丸の降板、春風亭昇太の起用という「司会交代イベント」で高視聴率が続いていた日本テレビ系「笑点」(日曜ごご5時30分)が、きのう10日(2016年7月)の放送は大幅にダウンした。前週の3日放送は20・3%だったが、15・0%と5・3%も下げた。歌丸が司会引退を表明した5月15日放送から、6月26日放送をのぞいて20%台が続いていて、5月29日放送は過去最高の28・1%を記録した。

   視聴率が急落した理由は、同じ時間帯にNHKで大相撲名古屋場所初日が中継放送され、綱とりを狙う稀勢の里の取り組みがぶつかっていたこと、参院選投開票日だったため他局のニュース番組に合わせた視聴者が多かったことなどが考えられる。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中