「笑点」司会交代人気さすがに息切れ?大相撲と参院選で視聴率大幅ダウン

印刷

   桂歌丸の降板、春風亭昇太の起用という「司会交代イベント」で高視聴率が続いていた日本テレビ系「笑点」(日曜ごご5時30分)が、きのう10日(2016年7月)の放送は大幅にダウンした。前週の3日放送は20・3%だったが、15・0%と5・3%も下げた。歌丸が司会引退を表明した5月15日放送から、6月26日放送をのぞいて20%台が続いていて、5月29日放送は過去最高の28・1%を記録した。

   視聴率が急落した理由は、同じ時間帯にNHKで大相撲名古屋場所初日が中継放送され、綱とりを狙う稀勢の里の取り組みがぶつかっていたこと、参院選投開票日だったため他局のニュース番組に合わせた視聴者が多かったことなどが考えられる。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中