「日本の外科医研修すごい」海外で評判!5ミリの折り鶴や米粒大の寿司

印刷

   岡山県の倉敷中央病院は昨年(2015年)、研修医になるための実技試験イベントを行い、その課題がアメージングだと海外で評判だという。ミッション1は制限時間15分間で5ミリの折り鶴を折る。ミッション2はバラバラの昆虫を制限時間15分間で元に戻す。3つ目は米粒大の寿司を握るというものだ。

   参加者は「一見すると医療とは全然関係なさそうな試験ですが、忍耐強さを試されているのかなっていうのは感じました」と話す。海外からは「すごく現実感のあるテストだ」「これぞ日本。アメリカでは見られない」などコメントが殺到している。

tv_20160712143935.jpg

   司会の加藤浩次「外科医の方って手術するから、あの技術って必要なんでしょうね」 昨年は単にイベントとして行われたが、今年からは似たような内容の実技試験が実際に採用されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中