南仏ニース「トラック暴走テロ」U2・Bono レストランで食事中!シャッター下ろして特殊部隊待った

印刷

   フランス革命記念日の7月14日(2016年)に、南フランスのニースで起きたテロ事件は、セレブたちに大きな衝撃を与えている。世界屈指の高級リゾート地とあってバカンスによく訪れ、アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピット夫婦のように別荘を持っていたりするからだ。

   U2のBonoの別荘を持つ一人で、事件当時、現場近くのレストランのテラス席にいた。著名なフレンチ料理シェフ、アラン・デュカスや元ニース市長らも一緒で、店のシャッターを下ろし、テロ専門のフランス警察特殊部隊が到着するのを待ったという。

   Bonoは昨年11月のパリ同時テロのときも、現場の劇場の傍でリハーサル中だった。それだけに、今回はU2メンバーと連名で「Love is bigger than anything in its way」とメッセージをツイートした。

リアーナはライブをキャンセル

   歌手のリアーナは翌15日に予定されていたライブをキャンセルした。ネットでは、多くのセレブがツイッターでフランス国旗を掲げ、悲しみを伝えている。「フランスのために祈っています。目の前にカオスが広がっているのなら、目を閉じて調和を取り戻すのよ。私たちはみなフランスと共にある」(レディ・ガガ)、「世界はいったいどうなっているの?」(クロエ・グレース・モレッツ)

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中