2018年 9月 20日 (木)

米大統領選トランプ夫人「スピーチ」パクリ!8年前のオバマ夫人の一節そっくり盗用

印刷

   アメリカ大統領選挙の候補を指名する共和党大会が、18日(日本時間)からオハイオ州クリーブランドで始まった。何かとお騒がせのドナルド・トランプがまたトラブルに見舞われた。メラニア夫人のスピーチが盗用だったというのだ。

   党大会の慣例では、指名候補者は2日目に登場するのだが、トランプは初日から現れ、「ファーストレディーになる」とメラニア夫人を紹介した。これまでスピーチをしなかった夫人が初めて聴衆と向き合った。身長180センチの元スーパーモデルとあって見栄えがする。さっそくスピーチを始めたのだが・・・。「私たちはこの国の子どもたちに知ってほしい」と力を込めて語ったが、これが8年前にオバマ大統領のミッシェル夫人が行ったスピーチの文言そのままだった。

   これに続く「大きな目標を達成したければ、大きな夢と強い意志が必要」「望むもののために精一杯働くこと、言ったことは必ず実行すること」という部分も、言い回しや一部の単語は違うものの、意味はまったく同じだった。

   メラニア夫人は旧ユーゴのスロベニア出身。17歳でスカウトされて欧州でトップモデルになった。90年代にアメリカに移住して米国籍を取得し、18年前にトランプと結婚した。年の差24歳。トランプには3人目の妻だった。予備選の最中には、対立候補からモデル時代のヌード写真を暴露されもした。

異例ずくめの共和党指名大会!元大統領、地元知事、党重鎮ら欠席

   共和党大会は異例ずくめだ。トランプの指名獲得に反対する代議員たちが大声で反対を叫び、指名投票の方式を変えるよう求めたり、元大統領のブッシュ親子ら党の重鎮も欠席。大会のホスト役のケーシック・オハイオ州知事も欠席した。共和党支持者は「ケーシック氏はトランプ氏と対立してたし、個人攻撃もあった。関係修復ができなかったんだろう」という。

選挙戦に影響?

   指名後はどうなるのか。司会の夏目三久は「この夫人のスピーチ盗用は選挙戦に響きますか」とパトリック・ハーラン(タレント)に聞く。「民主党の大統領夫人のスピーチを盗用なんて、共和党がやってはいけませんが、トランプ陣営は反論してます。『オバマ夫人の演説を93%盗用していない』と。7%は盗用しているということです(大笑い)」「それだけじゃない。本来、党の重鎮やハリウッドのセレブも駆けつけるのですが、前大統領も来ない、セレブも来ない、スポンサーもつかない。それでも、最近の調査では、民主党のクリントン氏と大接戦です。一部調査ではトランプ氏がリードとなっています」

   石井大裕アナ「共和党があんなに割れてるのにですか」

   ハーラン「アメリカは不思議な国です」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中