2018年 9月 21日 (金)

ロシア「リオ五輪禁止」競技にも大きな影響!1600メートルリレー日本繰り上げ出場?

印刷

   ロシア陸上チームのリオ五輪不出場が決定的になった。スポーツ仲裁裁判所は21日(2016年7月)、ドーピング違反でないロシア陸上選手68人がリオ五輪出場を求めた訴えを却下した。この裁定を受けてIOC(国際オリンピック委員会)は24日にすべてのロシア選手のリオ五輪出場をどう判断する。

ウサイン・ボルト「反則あるなら罰は当然」

   ロシアのムトコ・スポーツ相は「政治性を帯びた決定だ」と国際陸連や世界反ドーピング機関を批判し、棒高跳び女子の世界記録保持者のエレーナ・イシンバエワ選手もインスタグラムで「他の国のクリーンな選手は私たちがいない大会で偽物の金メダルを取るといいわ!」と吠えた。

どうなるのでしょう

   この裁定にジャマイカのウサイン・ボルト選手は「反則を犯しているなら罰があるのは当たり前。そうすることによって反則まがいのことをしなくなる。さらにスポーツには真面目に取り組むべきだという強いメッセージが得られると思う」と支持した。

   ロシアが出場できないとなったら、競技にどんな影響が出るのか。世界ランキングで16位までしか出場できない男子1600メートルリレーは、現在17位の日本が繰り上げ出場となる可能性が出てくる。

   司会の小倉智昭「日本はしめしめと感じているんじゃないですか」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中