リオ五輪「選手村」これじゃ泊まれん!雨漏り、配線むき出し、床は泥だらけ・・・

印刷

   リオデジャネイロ五輪開催まであと10日。1万8000人収容の選手村がようやくオープンした。洒落たマンション風で、24時間利用可能なジムも完備している。

   ところが、洒落ているのは見掛けだけで、部屋によっては天井に大きな穴が開き雨漏り、電気の配線はむき出し、床は泥だらけだった。オーストラリア選手団のキティ・チラー団長は「私たちの選手村は配管施設や電気の問題から完全じゃない」と入村を拒否している。カヌー日本代表の矢澤一輝選手も「床が泥で汚れ、雑巾がけしてきれいにしました」という。

大会運営幹部「安心して。われわれは最後はうまくやるさ」

   これでは選手が競技に集中できるのか先が思いやられるが、大会組織委員会のロドリゴ・トステス運営ディレクターは「安心してください。われわれは始めるのは下手だが、終わらせるのはうまいといわれる国民だ」と余裕たっぷりだ。オーストラリア選手団もその後、「200あった問題が10に減り、めざましい改善があった」と入村を決めた。

妙なことに・・・

   ジカ熱や治安上の不安に加え、選手村の不備、ロシアのドーピング問題と「始めるのは下手」で済むかどうか。陸上1600メートルリレーはロシアの出場禁止で日本が繰り上げ出場となった。他の競技でもメダル争いに大きな影響が出るだろう。

   司会の小倉智昭「他国が出ないように祈るというのはちょっと変だけどね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中