2018年 9月 21日 (金)

リオ五輪「選手村」これじゃ泊まれん!雨漏り、配線むき出し、床は泥だらけ・・・

印刷

   リオデジャネイロ五輪開催まであと10日。1万8000人収容の選手村がようやくオープンした。洒落たマンション風で、24時間利用可能なジムも完備している。

   ところが、洒落ているのは見掛けだけで、部屋によっては天井に大きな穴が開き雨漏り、電気の配線はむき出し、床は泥だらけだった。オーストラリア選手団のキティ・チラー団長は「私たちの選手村は配管施設や電気の問題から完全じゃない」と入村を拒否している。カヌー日本代表の矢澤一輝選手も「床が泥で汚れ、雑巾がけしてきれいにしました」という。

大会運営幹部「安心して。われわれは最後はうまくやるさ」

   これでは選手が競技に集中できるのか先が思いやられるが、大会組織委員会のロドリゴ・トステス運営ディレクターは「安心してください。われわれは始めるのは下手だが、終わらせるのはうまいといわれる国民だ」と余裕たっぷりだ。オーストラリア選手団もその後、「200あった問題が10に減り、めざましい改善があった」と入村を決めた。

妙なことに・・・

   ジカ熱や治安上の不安に加え、選手村の不備、ロシアのドーピング問題と「始めるのは下手」で済むかどうか。陸上1600メートルリレーはロシアの出場禁止で日本が繰り上げ出場となった。他の競技でもメダル争いに大きな影響が出るだろう。

   司会の小倉智昭「他国が出ないように祈るというのはちょっと変だけどね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中