ゲリラ豪雨きょう3日午後~あす朝も!深夜の雷雨は長引きドシャ降り

印刷

   ゲリラ豪雨が各地を襲っている。きのう2日(2016年8月)は、東日本から北日本の広い範囲で大気が不安定となり、関東地方でも激しい雨が降った。神奈川・川崎ではあふれた水が民家に流れ込み、「まだ大丈夫と思っているうちにワーッと水が押し寄せた」という畳店では、瞬く間に商品の畳が水につかった。

   千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートでは落雷で停電となり、客が屋内に一時避難した。茨城県では漁船が転覆し、山形県舟形町の最上小国川でアユ釣りをしていた3人が中洲に取り残されて救助された。東海道新幹線は一時運転を見合わせた。

上空の寒気と暖められた地表の温度差で積乱雲発達

   司会の夏目三久「こういう天気がきょうもつづくということですか」

きょうもですか?

   気象予報士の井田寛子「はい。積乱雲が発達します」

   上空に寒気が入ることで暖められた地表との温度差が増すため、日中だけでなく、深夜から朝にかけて激しい雷雨が発生する恐れがあるという。日中なら一時的だが、夜から朝の雷雨は長引き、平野部もふくめた広い範囲に及ぶケースがある。

   井田「きょうも発生確率は高いです。気をつけてください」

   気象庁はあす朝までの24時間に北海道、北陸、四国などの多いところで120ミリの雨量を予想している。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中