2018年 11月 16日 (金)

リオ五輪柔道「金メダル」第1号は高藤直寿(柔道60キロ級)「僕がお家芸復活」

印刷

   リオ五輪柔道で日本の金メダル第1号が期待されるのが、柔道男子60キロ級の高藤直寿選手だという。日本時間で7日(2016年8月)朝9時から決勝が行われる。高藤は「必ず金メダルを取り、ボクが日本柔道復活の日ってのをつくりたいと思ってます」と自信を見せる。

いくつ取れる?

   高藤の最大の武器は予想もできないトリッキーな技だ。その変則スタイルによって、13年の世界選手権、15年のグランドスラム東京など、数多くの世界大会で優勝を重ねてきた。

   国山ハセンアナ「まずここでメダルを取って、メダルラッシュを期待したいですね」

   司会の夏目三久「日本選手団は14個の金メダルを目指しているそうですが、そのなかでカギを握るのが、お家芸の柔道ですよね。いくつメダル取れるか」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中