<トランボ ハリウッドに最も嫌われた男>
米映画界「赤狩り」旋風の中で生まれた「ローマの休日」!追放された売れっ子脚本家が偽名で書き続けた名作

印刷

   1947年、共産主義者の追放を名目にした「赤狩り」がハリウッドにも吹き荒れていた。HUAC(非米活動委員会)の公聴会に召喚され、証言を拒否して「議会侮辱罪」に問われた10人は「ハリウッド・テン」と呼ばれ、「ブラック・リスト」に載せられた。その代表的人物が売れっ子脚本家だったドナルド・トランボ(ブライアン・クランストン)だ。トランボはハリウッドから干されてしまう。

  • Photo: Hilary Bronwyn Gayle
    Photo: Hilary Bronwyn Gayle

圧力跳ね返して「スパルタカス」依頼したカーク・ダグラス

   トランボは生活のため偽名を使って数々の脚本を手掛ける。その中の1作「ローマの休日」はアカデミー賞最優秀原案賞を受賞するが、授賞式にトランボの姿はなかった。当時、トランボが関わった作品はほとんどがアクション、西部劇、SF、ギャングものなどのB級映画で、「黒い牡牛」は「偽名トランボ」に2度目のオスカーをもたらす。

   B級映画を量産する製作者フランク・キング(ジョン・グッドマン)は、HUACの代表からトランボの脚本を使わないように勧告される。しかし彼は、「俺は金と女のために映画を作ってるんだ! なんか文句あるか」と野球バットを振り回して追い払う。このシーンは痛快!

   カーク・ダグラス(「スパルタカス」主演)、オットー・プレミンジャー(「栄光への脱出」製作・監督)らはパージをものともせず、トランボに脚本を依頼に来る。カーク・ダグラスはトランボを外すように圧力をかけられると、「だったら私が降りる」と宣言する。

米政界の偏見と差別恥じたJ・F・ケネディ「あなたの映画は見ました。いい作品だった」

   「スパルタカス」のオープニング上映の日、妻とともに客席に座るトランボのメガネの縁に、「脚本ドナルド・トランポ」の文字が映る、見事な演出だ。後にアメリカ大統領J・F・ケネディは「スパルタカスは見たよ。いい作品だね」とインタビューに答えている。

   1975年、あらためてオスカーを手にしたトランボがスピーチする。「このオスカーは血にまみれています。英雄も悪者もいない。いたのは被害者だけです」

   トランボ、カーク・ダグラス、オットー・プレミンジャーは「戦士」だった。タイトルロールの最後にニュース映像が流れ、トランボが写っている。「娘は自分の父の仕事をクラスメイトに言えなかった。彼女もまた戦士だった」

   こんな背景があったことを知って、あらためて「ローマの休日」を見るのもいいかもしれない。

佐竹大心

おススメ度☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中