初戦敗退の太田雄貴「不甲斐ない結果で申し訳ありません。次は僕が支えられるように力を付けたい」

印刷

   リオデジャネイロ五輪のフェンシング男子フルーレ個人に出場し、初戦の2回戦で敗退した太田雄貴選手は8月17日(2016年)のツイッターで「不甲斐ない結果で申し訳ありません。今日まで支えて下さった、コーチ、スタッフを始めとする、沢山の人に、申し訳ない気持ちで一杯です」と陳謝した。

   太田は現在、30歳だ。試合後のインタビューでは現役引退を示唆していたが、

「この失敗とちゃんと向き合い、次に繋げられるように頑張ります。今まで沢山支えて頂いたので次は僕が支えられるように力を付けていきたいと思います」

とのみ語り、「応援ありがとうございました」と感謝した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中