女子レスリング強すぎる!金メダル3つ・・・あす早朝に吉田沙保里4連覇

印刷

   きのう17日(2016年8月)に始まったリオ五輪のレスリング女子で、58キロ級の伊調馨選手が4連覇を達成したほか、48キロ級の登坂絵莉選手、69キロ級の土性沙羅選手もともに五輪初出場で金メダルとなった。

   登坂は世界選手権3連覇中で、誰もが「あれは強い」と言い、吉田沙保里選手も「霊長類最強のタイトルを引き継ぐのは彼女」というほどの逸材である。対戦相手は日本人キラーの異名を持つアゼルバイジャンのマリヤ・スタドニク選手で、これも強い。

   ポイントで2-1とリードされた最後の20秒で、登坂が攻めに攻めて左足をとってひっくり返し、バックを取った。同時に時間切れ。登坂のガッツポーズの向こうに、おどりあがって喜ぶ栄和人コーチの姿があった。登坂は吉田にならって日の丸を持つ栄コーチを肩車して、マットを一周した。

伊調馨は一足お先に五輪4つ目の金

   伊調はロシアのワレリヤ・コブロワ選手と対戦。思うように攻められないままポイントでリードされたのを、残り30秒でバックをとってひっくり返した。アテネ大会で五輪種目となって以来負けなしだ。

まだ3階級あります

   メダルを首に「カメラマンの方に4という数字を作ってと言われて、やっと4連覇の実感が湧いてきました。1人でも多くの人にこのメダルを見せて、ありがとうと言いたい」と語った。

   土性はロシアのナタリヤ・ボロベワ選手と対戦した。重量級のスピードがある攻防は迫力満点だ。互いにポイント稼ぎながら、最後は土性が押し切った。予選からの無表情がここで弾けた。とびきりの笑顔だった。

   これで日本の金メダルは10個。ロンドンは7個だったから、すでに上回った。これに銀が4個、銅が18個。

   司会の羽鳥慎一「五輪4連覇は4人目です。女子では初です。大変なことです」

相手がバテるの待って一瞬で逆転

   リオのスタジオで浜口京子(72キロ級でアテネ・北京五輪で銅メダル)が勝因を解説した。「伊調選手が試合前に『頑張るよ』と言っていました。普段はそういうことは言わないので気迫が伝わってきました。試合ごとに良くなっていきましたね」「4連覇だけじゃない。1年に1度の世界選手権でもずっと結果を出してきています。大偉業です」

   登坂、土性については「実力を出し切った。最後まで諦めないで攻めていった。良くやったと褒めてあげたいです」「ポイントを取られても、相手のスタミナが尽きた時に足も動いていて攻めるスタミナがあったんですね」

   羽鳥「あと3階級あります」

   浜口「金メダルを願ってます。ダブル・トリプル金メダル」

   羽鳥「金メダル3つが2日続きますよということですね。4連覇の選手といえば、カール・ルイス、マイケル・フェルプスですから、これに加わった。そして、もしかしたら吉田沙保里も加わる。レジェンドです」

   吉田沙保里はあす19日早朝に登場する。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中