母親に何があった?子ども4人と無理心中!1週間前に自ら110番通報騒ぎ

印刷

   きのう22日(2016年8月)朝、福岡県須恵町の建設作業員の男性(39)から「子どもが死んでいる」と110番があった。死亡していたのは小学校5年の淵俊介君(10)、双子の1年生の美唯ちゃん(6)と美菜ちゃん(6)、未桜ちゃん(3)の4人兄妹だ。1階和室の布団の上で首を絞められたような痕があった。

   室内にいた母親の純子容疑者(41)は、放心状態で手首に刃物で切り付けたようなけがをしていた。警察は純子が無理心中を図ったとみて殺人の容疑で逮捕した。父親は純子と4人兄妹とは別の部屋で寝ていた。

近所の住人「明るい人だったのに急に人が変った」

   近所の1人は最近の純子に異変を感じていた。「以前は明るかったのに、1週間前に会った時は暗いと思いました。用件が終わると、すぐに家の中に入ってしまいました」と話す。数日前には自ら警察に110番通報した。警察官が駆け付けたが、トラブルは何もなく、情緒不安定になっていたのではないかと見られている。

なに思い詰めてた?

   近くの人たちは「(純子容疑者は)おとなしい優しいきれいなお母さんです」「俊介君が先月(2016年7月)の最後の日曜日に、町内の草刈りの手伝いをお母さんと一緒にしていました。お母さんが大好きな男の子でした」と話している。

   司会の小倉智昭「なぜ、こんなことになったのだろう。何か思い詰めていたのでしょうか」

一ツ石

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中