ジョニー・ディップと離婚成立アンバー・ハード「和解金700万ドル全額寄付」女性支援団体と子ども病院

印刷

   ジョニー・デップとアンバー・ハードの離婚問題が8月16日(2016年)に決着した。ハード側が700万ドルの和解金で合意したようなのだが、その全額をチャリティーに寄付すると宣言して話題となっている。

「個人的にお金などあってもしょうがないもの」

   寄付先は暴力の犠牲となった女性を支援する団体とロサンゼルス子供病院だ。ハードは「個人的にお金などあってもしょうがないものなので、チャリティーに寄付します。このお金が自分を守ることが難しい人々の役に立ってくれるよう願います」とのコメントした。

   カッコよく寄付をしたものの、ネットでは「ジョニーへの当てつけよ。余程勝ち誇りたいんでしょう」など意地悪意見も見られる。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中