2018年 9月 24日 (月)

秋場所番付ゆかいな珍しこ名「大当利大吉」さて、どう読むのでしょう?

印刷

   きのう29日(2016年8月)に発表になった大相撲秋場所の新番付に愉快なしこ名があった。「その名も、おおあたりだいきち(大当利大吉)」と石井大裕アナが伝えた。式秀部屋の序ノ口で、本名の櫛引大樹の名字から「くしびき」から「くじびきで大当り」、名前の「だいき」から「大吉」となったという。

   大当利大吉は16歳で、身長174センチ、体重113キロ。中学時代はソフトテニス部に所属していて、相撲経験はない。

   沢松奈生子(元プロテニスプレーヤー)「(大当利大吉の写真を見て)お姿もなんとなく御利益がありそうな、お顔立ちがありがたいなーという感じがしますね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中