東京・渋谷名物「アオガエル」にスプレー落書き!外国人2人組の仕業か・・・真っ黒に変形文字

印刷

   東京・渋谷の駅前、忠犬ハチ公の銅像の真向かいにある緑色の古い東横線の車両、通称「アオガエル」が、スプレーで落書きされた。先週26日(2016年8月)の夜で、交番の鼻先だ。

   アオガエルは外国人向けの観光案内所として使われており、座席で休む人も多い。窓にはすだれが下がっていたりして、待ち合わせスポットでもある。

   落書きされたのは終電直前の午前0時50分ごろだったという。「外国人風の2人の男が落書きをしている」と通報があった。2人は逃走し、警察は防犯カメラの映像を確認し行方を追っている。

人通り多いハチ公の真向かい

   落書きは今もそのままになっている。車体いっぱいに黒いスプレーでアルファベットの変形文字らしいものが書かれ、横腹から窓にまで及んでいる。観光案内の表示も一部塗りつぶされている。

目の前で・・・

   司会の羽鳥慎一「終電前でも、けっこう人がいるでしょうに」

   宇賀なつみキャスター「かなりいますよ」

   羽鳥「その状況で書くのは難しいと思いますけどねえ」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「もともと東横線で、のちに目蒲線になって、僕も小さいころ乗った思い出のある電車でね。許せない」

「目撃者・スマホ映像」警察に連絡して

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「みなさん、スマホとか持ってるから撮ってる人もいるんじゃないかな。防犯カメラだけじゃなくて、撮ってたら警察に連絡を入れてほしい」

   吉永みち子(作家)「見ている人がいても、止める人も通報する人もいない」

   長嶋「トンネルとかにある落書きと似ているよね」

   やったのが外国人となると、何かのサインなのか。

   羽鳥「とにかく、通報してください」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中