まるで詐欺!東京五輪「施設」建設費水増し・・・小池都知事の剛腕メスに期待

印刷

   小池都知事が20120年東京オリンピック予算の精査に動き出した。2日(2016年9月)に開かれた五輪組織委と都幹部との調整会議では、司会進行はこれまでの森喜朗会長から小池知事に代わっていた。会議は完全オープンで、知事は施設の建設費問題で積極的に発言した。

   定例会見でも海の森水上競技場は「もともと69億円だったのが7倍に増えています。高いね、何かおかしいね」と発言していた。

「海の森水上競技場」招致前69億円→開催決定後1038億円→批判受けると491億円

   「モーニングショー」は2つの施設について、予算の変更の背景を探った。「海の森」はお台場の隣、埋め立て地の中の水路を利用した会場だ。招致の段階では69億円だったが、その後の試算で1038億円になった。あまりにも高いと見直した金額が491億円、それでも当初試算の7倍というわけだ。

納得できない

   費用以外にも問題がある。ボートなどの競技団体は「南風が横風になりレースに影響が出る」とし、埼玉の会場を希望している。ところが、それについての会議で、都は「海の森は、工事期間、難易度、コスト面のどれも大変厳しい状況。とはいえ、ここでやるしかない」(2014年3月)と押し切ろうとしている。

   また、国際ボート連盟の見直し要求に、都は「簡単に変更はできない。基本設計がすでに始まっている」と答えていた(2014年11月)。

   元都庁職員の中央大・佐々木信夫教授は「ここをテコに、周辺再開発したいという意図ではないでしょうか」という。

   住田裕子(弁護士)「費用の膨れ方は金額的に詐欺に近いですよ」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「誰が得するんだろ。工事する会社は得をしますよね」

   「海の森」の491億円の中身を調べたら、これまたとんでもないことがわかった。水路にある橋の橋脚が邪魔になるので、これを撤去して新たに橋をかけるのだという。その撤去費用38億円は都の環境局の予算に付け変わっていた。五輪予算を見えない化したわけだ。都は「付け替えでない」という。だが、説明は「橋は環境局のもの」「もともと新しい橋を作る計画だった」とわけがわからない。

   玉川「ここでの開催をやめれば、橋はそのままでいいわけですよね」

   石原良純(タレント)「埼玉に変えようとなったら、そうなるのですか」

   佐々木教授は「もう審議が終わっているし、場所を変えるのはなかなか難しい」とまるで都庁職員に逆戻りのようなことを言う。

   石原「それがわからない。会場について誰と話してるの?」

   玉川「なんで難しいんですかね」

   佐々木「IOCと決めたことだから・・・」

   玉川「金がかからない五輪と言ってるのはIOCだから、そんなことはないはずですよ」

「有明体操競技場」五輪組織委が造るはずが、いつの間にか東京都も支出

   仮設で造る有明体操競技場の予算も不可解だ。招致前は89億円で五輪組織委が造るはずだが、都は整備費として今年度4億8000万円を計上した。名目は「産業労働局」の予算だ。東京五輪が終わった後、展示場として使うので五輪予算ではないというのだ。

   石原「だったらビッグサイトを使えばいいじゃないかと思っちゃう」

   住田「国の官僚と同じ。自分たちの予算を増やすことしか考えてないでしょうね。オリンピックに悪乗りしてる。小池さん、もったいないでやってもらいたい」

   石原「既存の施設を使うことで何百億円と節約できたら、誰も文句言わないですよ」

   羽鳥「節約してないんですよ。見た目の額を減らして、違う名前にするだけ」

   小池旋風に期待するしかないか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中