キッチンペーパー使いこなし!チーズ切るときに包丁に巻け!?

印刷

   「スゴ技Q」コーナーでキッチンペーパーの使いこなしを取り上げた。キッチンペーパーにはフェルトタイプと表面がデコボコしたエンボスタイプの2種類があり、意外な使い道があった。

   日本橋の日本料理店三代目野永喜三夫さんは「キッチンペーパーは一石三鳥です」という。落とし蓋、あく取り、だし袋として重宝している。料理研究家の小田眞規子さんはチーズを切るときに使う。「包丁の刃の部分をキッチンペーパーで包むんです。これでチーズを切ります。キッチンペーパーが切れてしまうのではないかとお思いでしょうが、そうはなりません。ほら、この通り」

   フェルトタイプのキッチンペーパーで包んだ包丁でチーズを切ると、切ったチーズが包丁にくっつかないできれいに切れるのだった。

固くなったパンが焼きたてに変身

   リポーターの宮下純一が「こんな使い道もあります」と紹介したのは、固くなったパンをフェルトタイプのキッチンペーパーに包んで、電子レンジでチンしただけだ。食べた井ノ原快彦キャスターが驚く。「ええっ、うそみたい。焼きたてのパンだよ」

   買ってきて冷えたパンもこの方法で温めれば、いつも焼き立てパンというわけだ。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中