轢いてくれと催促「中国当たり屋」ここまでやるか!警察官も呆れて「あっち行け」

印刷

   「中国ではおなじみの当たり屋ですが、ここまできたか」と、司会の小倉智昭がいくつかの映像をあきれ顔で紹介した。赤い服の女が渋滞する車の間をうろつき、スピードがほとんど出ない車に自分からぶつかった。厚い上着を着た中年女は、車の前に寝転んで、自分をひくように催促する。

   極めつけは、上半身裸の男が停車中のバスに自分から何度もぶつかっていくシーンだ。周りからは「キャー」という悲鳴があがった。それでも男はやめず、あげくは車体の下に寝転んで動かない。やって来た警察官に「おい、服を持ってあっちへ行け」と命じられると、とたんに男はおとなしくなり、服を抱えて立ち去った。

停車中のバスに後ろから当たって「ハネられたあ」

   小倉「ばかですねえ。酔っ払いにしか見えません」

tv_20160908114828.jpg

   ニュースデスクの笠井信輔「あきれて警察も逮捕しなかった。しかも、よく見てください。バスの後ろに当たっています」

   この国には高度な当たり屋もいるらしい。走行中の車にぶつかる寸前でひらり飛びのく男の映像が流れた。「当たったように見せて、ケガはしません。まねしないで下さい。お勧めはしません」と笠井は苦笑するが、誰が真似するか!

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中