「新幹線こだま運転士」走行中に運転台に足!「伸ばして楽な姿勢とりたかった」

印刷

   走行中に足を運転台に乗せていた新幹線運転士の映像がツイッターに投稿され、JR東海は「極めて不適切」と処分を検討している。東京発新大阪行き「こだま」を運転していた名古屋運輸所所属の運転士(29)で、6日(2016年9月)午後1時55分ごろ、掛川―浜松間を走行中の約10秒間、運転台に足を乗せていた。運転士は「足を伸ばして楽な姿勢を取りたかった」と話している。

   本上まなみ(俳優)「もちろんやっちゃいけない行為ですが、ツイッターってすごいなと同時の思いますね」

   コラムニストの犬上紙子「見たら不安に思いますよね。ちゃんとしてほしい」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中