2018年 9月 23日 (日)

「新幹線こだま運転士」走行中に運転台に足!「伸ばして楽な姿勢とりたかった」

印刷

   走行中に足を運転台に乗せていた新幹線運転士の映像がツイッターに投稿され、JR東海は「極めて不適切」と処分を検討している。東京発新大阪行き「こだま」を運転していた名古屋運輸所所属の運転士(29)で、6日(2016年9月)午後1時55分ごろ、掛川―浜松間を走行中の約10秒間、運転台に足を乗せていた。運転士は「足を伸ばして楽な姿勢を取りたかった」と話している。

   本上まなみ(俳優)「もちろんやっちゃいけない行為ですが、ツイッターってすごいなと同時の思いますね」

   コラムニストの犬上紙子「見たら不安に思いますよね。ちゃんとしてほしい」

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中