蓮舫「台湾国籍残ってました。混乱招きおわび」代表処からきのう12日連絡

印刷

   民進党の代表選で優勢が伝えられる蓮舫・参院議員(49)はきょう13日(2016年9月)午前、二重国籍問題で、父親の出身地である台湾(中華民国)籍が残っていたことを明らかにした。台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)から12日夕に確認の連絡を受けたという。蓮舫氏は「記憶の不正確さから混乱を招き、おわびする」と語った。

   手続きがはっきりしないという変な話だが、いまをこれを言いつのる人間の意図も疑ったほうがいいかもしれない。

国会議員になって12年。にわかに問題にする不可解

   蓮舫氏は1967年東京生まれ。父は台湾出身で母は日本人。当時の国籍法では父親の国籍とされていたが、昭和60年の法改正で日本国籍取得が可能になり、台湾籍を放棄した。「17歳、高2だった」という。ただ、台湾籍の放棄手続きがどうなったか、「確認が取れていない」と説明していた。メディアが台湾当局に確認を取ったところ、「確認には6日かかる」という回答だった。

胡散臭い動き

   「モーニングショー」は台湾政府のホームページに「台湾籍を喪失した人のリスト」を見つけ、名前、住所、生年月日が出ているのだが、「私たちの調べでは、蓮舫氏の名前を見つけることはできませんでした」と伝えていた。

   国会議員になって12年も経つのに、突如、二重国籍を持ち出してきたのは誰なのか。どんな意図があるのか。その方がよほど問題なのではないか。たとえ二重国籍だったとしても、日本人であることは間違いないのだから、問題にはならないはずだ。

フジモリ大統領もシュワちゃんも二重国籍

   司会の羽鳥慎一「たとえ二重国籍だとしても問題はない。本人も否定している。ではいったい何が問題なのでしょうか」

   青木理(ジャーナリスト)「外国では二重国籍の政治家はいくらでもいますよ。フジモリ大統領もシュワルツネッガーさんもそうだった」

   菅野朋子(弁護士)「日本でも外交官はダメだけど、外務大臣にはなれる」

   青木「はっきり言って、難癖に近い。排外的な感じがします」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「煽っている人たちは、蓮舫さんが保守的になっているのが気にくわないのかもしれない」

   メディアも分かれている。産経新聞は「国籍は(国会議員の)資質も根幹に関わる」と書き、朝日新聞も「首相を目指す政治家として、(外国籍離脱手続きの不備は)政治的に妥当性が問われる可能性はある」という。神奈川新聞は「国籍を踏み絵にする。それをレイシズム(人種主義)と呼ぶ」と冷静に批判している。

   玉川「お父さんやお母さんがどこの出身かを言ってるのと同然ですよ」

   オバマ大統領はケニヤ人留学生の子供、サルコジ前フランス大統領の父は東欧の移民だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中