「盛り土予算」どこに消えた?工事実施3分の1ならたっぷり余ってるはず

印刷

   東京・豊洲新市場の土壌汚染対策には586億円が計上された。内訳は液状化対策45億円、準備工事113億円、汚染地下水対策83億円、地下水管理13億円、汚染土壌対策271億円、問題の盛り土による埋め戻しとして61億円がつけられていた。

   森圭介アナ「3分の1の盛り土がされなかったわけで、61億円の費用はどうなったのでしょうか」

   予算はさらに270億円が積み増しされ858億円に増えており、その内訳はまったく記載されず不明になっている。小池知事は「いつ、どこで誰が何を決めたのか」、都幹部に変更の経緯を調べるよう指示し、当時のメンバーによる専門家会議を再開して安全性について再検証する考えという。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中