チャンカワイ「待望の第1子女児が生まれました。槇原敬之先生のパワーなのか・・・先生の行動に救われた」

印刷

   お笑いコンビ「Wエンジン」のチャンカワイは10月4日(2016年)のブログで、2日に第1子の女児が生まれたと発表した。3538グラムで、母子ともに健康だという。ブログによると、チャン夫妻は15年1月30日に結婚してから「子供が欲しいと妊活する毎日」だった。妻は書籍やインターネットで調べ、年間20の神社に参拝し、子どもを授かるのを祈願した。「世界一危険な国宝」と呼ばれる鳥取県の「三徳山三仏寺《投入堂》」に登るまで自らを追い込んでいた。

   心の支えとなってくれたのは、チャンが大好きな歌手の槙原敬之だ。昨年のクリスマスに槙原の会社で行われたパーティーで、「実はうちのオフィスの神棚の前の席の人が子供を授かりました」と、チャン夫妻を神棚へ案内してくれたという。「超大物アーティスト」も「神棚からお腹に『入れ入れ』と手で漕いで御利益を運んでくれた」そうで、チャンはその行動に救われたと振り返る。

   年が明けて1月、妻が務めていた会社を辞めて専業主婦となった途端、妊娠が発覚した。「今まで何だったんだと思うような早さでありました。これは槇原敬之先生のパワーなのか、オフィスの席のパワーなのかわかりませんが、リラックスした日々が上手く重なったから結果が出たのかなと、僕達なりの結論が出ました」と、チャンは語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中