2018年 9月 25日 (火)

元カープの北別府学「瀬戸内海で釣りしてたら黒田引退のニュース。すぐ陸に上がった」

印刷

   広島カープ一筋で通算213勝を挙げ、「精密機械」の異名を取った元プロ野球投手・北別府学が10月18日(2016年)、カープの黒田博樹投手の引退でブログを更新した。「瀬戸内海で釣り糸を垂らしていたら、皆の電話が鳴りだした。局からの夕方のJステーションに緊急の出演依頼で釣りをやめて陸に上がることに。黒田引退の知らせに皆が慌てふためいた」

   黒田は19時、記者会見で今季限りの引退を発表した。

   北別府は黒田の引き際の良さを評価し、「男として惚れるほどに。野球人として嫉妬するほどに。退き際まで伝説となる黒田投手です」という。「お疲れさん まだ言わない」というタイトルで「黒田投手の現役最後の姿を日本シリーズで見ることができる。最後の姿をプロ野球界で最上の場所、日本シリーズでですよ。日本シリーズの始まりを楽しみにしましょう!」と呼び掛けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中