Dream・Erie「今年限りで芸能界を引退。HIROさんには人生で大切な事を教えてもらった」

印刷

   EXILE系ガールズグループDreamのErieが10月28日(2016年)、今年限りで芸能界を引退するとインスタグラムで発表した。2002年のデビュー以来、Dreamで14年間、E-girlsで5年間活躍し、「この15年目という大きな節目を迎える中で、今自分がいる環境から大きく一歩外へ出て人生をゼロから歩み、自分の足でしっかりと立てるようにチャレンジしてみたいと思う様になりました」という。

   14歳で芸能界へ飛び込み、Dreamのメンバーと同じ学校へ通い、放課後に電車に乗って練習に向かう毎日だった。「目まぐるしい毎日の中でもしっかりと光だけを見て、どんなに大変な事があってもメンバーがいたから何でも笑い飛ばして乗り越えてこられた事。全てが昨日の事の様に蘇ってきますし、今回の自分の決断にも理解してくれたメンバーに本当に感謝しています」。

   14歳から29歳まで芸能界に浸かっていたため、「ここからが本当の意味での『勉強』であり『試練』であると思っています」と覚悟する。プロデューサーのHIROには「人生で生きていく上でとても大切な事を日々教えて頂きました」と感謝し、「沢山の素晴らしい景色を見させてくれたE-girlsに感謝しています」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中