2018年 9月 20日 (木)

<拝啓、民泊様。>(TBS系)
「民泊詐欺」に騙される新井浩文&黒木メイサ!物足りない「エロなし、ハチャメチャなし」

印刷

   2020年の東京五輪・パラリンピックがらみの話題の一つとして注目が集まっている「民泊」をテーマにしたドラマだ。会社をリストラされた山下寛太(新井浩文)は、妻・沙織(黒木メイサ)にクビを言い出せぬまま、若手起業家・民沢琢己(島丈明)の民泊セミナーに参加したことをきっかけに、民泊ビジネスを始めることになる。

   家を購入し、ゲストからの売り上げを家のローン返済に充てるというもので、物件探しや施設の運営管理はすべて民沢の会社が行うので、山下は家の鍵だけ管理すればいい。ローン返済後の売り上げはすべて山下の懐に入る。家という資産が手に入るうえ利益も得られる。これはリスクのまったくない新しいビジネスなのだと力説すされる。

「家を買ってゲストを泊めれば儲かりますよ」

   明らかに怪しい民沢なのだが、リストラにあったばかりで気が弱くなっているからか、もともと人を疑わない性格なのか、山下はその胡散臭さにまったく気づかない。民沢に勧められるままに、全国に先駆けて民泊事業の条例が制定された東京・大田区に家を買い、民泊事業がスタートしたが・・・。初回はここまで。

   30分ドラマのためあれやこれやとエピソードを盛り込まず、「民泊ビジネスとは」という解説も物語の中に自然に折り込んで、民泊についてまったく知識がなくても、疑問も違和感もなくついていくことができた。

   おそらく、次の展開としては、海外に留学しB&B(朝食付きの部屋)の利用経験もある沙織の兄・昌平(中野裕太)、労働基準監督署に勤めている沙織がキーパーソンとなって民沢の化けの皮を剥がしていきそうだ。

深夜はもっとコッテリ、パンチのきいたもの見たい

   新井文彦と黒木メイサのW主演で、キャスティングに期待できる。ただ、初回を見た感じだと、エロなし、下ネタなし、バイオレンスなしで、せっかくの深夜枠なのに妙にあっさりしていて、ちょっとさみしい。深夜枠はやっぱり、もうちょっとコッテリ、パンチのきいたものが見たい。この薄味が吉と出るか、はたまた凶と出るか。まあ、もう少し様子見というところかな。(MBS10月23日深夜0時50分、TBS10月25日深夜1時28分)

バード

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中