クフ王ピラミッドに謎の新たな空間!ミイラ・財宝が眠っているのか?日本チーム最新技術で発見

印刷

   エジプトの考古学界がビッグニュースにわいている。4500年前に造られたクフ王のピラミッド内部に謎の新たな空間があるらしいとわかったのだ。突きとめたのは日本の素粒子研究家らの技術だった。「99・9999%の確率で空間があるといえます」と誇らしげに語る。

   クフ王のピラミッドは高さ147メートルとビル40階に相当する巨大さで、平均2・5トンの石をどう運んだのかは古代史最大のミステリーといわれる。内部も謎だらけで、90%は何があるのかわからない。王の棺のようなものはあってもミイラは見つかっていない。

   どこかにミイラが眠っている。黄金の財宝が隠されている。研究者たちはさまざまな仮説を唱えてきた。フランスの調査隊が壁にドリルで穴を開けて調べようとしたが、大量の砂が突然吹き出て中止となった。ドイツ隊はカメラ搭載のロボットをトンネルに送りこんだが、壁に阻まれた。

   そこで最新技術で探ろうと去年(2015年)10月、国際共同プロジェクトチームによる「スキャンピラミッド計画」がスタートした。フランスチームがドローンを飛ばして上空からレーザースキャンをする。カナダチームは赤外線カメラでわずかな温度変化を測り、構造を分析する。

素粒子を測って内部を透視

   中核を担うのがNHKと名古屋大学などの共同チームだ。ピラミッドの北側斜面に他より温度が5、6度高い部分がある。そこにミュオンと呼ぶ宇宙から降り注ぐ素粒子をレントゲンのように使って、内部を透視する。名古屋大学の森島邦博助教は「このミュオグラフィーが巨大構造物の内部を見る唯一の技術です」という。

   まず赤外線フィルムを北側斜面の真下に置いた。もし空間があれば、フィルムに降り注ぐ素粒子の数が増える。チームは3か月にわたって観測を続けた。キャスターの久保田祐佳アナが「フィルムには何が写っていたのでしょうか。この調査で何がわかるのですか」と聞く。

   エジプト考古学者の河江肖剰氏はこんな解説をした。「エジプト最大のピラミッドですが、大きすぎて調査がでなかったんです。クフ王自身もデータが少ない謎でした。私たちが求めるのは財宝の中の情報です。当時の社会がわかりますから」

   素粒子が降り注いだフィルムを解析した研究者たちは、「これ、へんだよ」「何かありそうだ」と声を上げた。未知の空間が浮かび上がってきた。森島助教は「高さ1メートル、2メートルの空間と考えるのが自然です。未知のものを探して実際に見つかった時は驚きました」と語る。

通路の高さ2メートル、幅1・5メートル

   この空間は何か。手がかりは北側斜面にあった。ここだけは石が斜めに組まれている。切妻屋根と呼ぶ、ピラミッドの石の重さを分散させる建築技術だ。それに守られた重要通路の可能性がある。「通路は並行、上向き、下向きのどれも考えられます。測定ポイントが増えれば、本当の答えが見つかります」(NHKチームの伊達吉克さん)

   スタジオに通路の高さ2メートル、幅1・5メートルの再現模型が登場した。久保田キャスターが「この先に何があるのでしょう?」

   河江氏「つながっていたら新たな発見があるでしょう。もっとデータがほしいです」

   日本チームはさらにピラミッドの奥に大量のフィルムを設置し、最新型のセンサーを備えたミュオン透視装置も投入して全体を透視してミステリーに挑む。「NHKはこれからもその模様を伝えていきます」とナレーションが結んだ。近いうちにNHKスペシャルで放送するということだろう。

あっちゃん

NHKクローズアップ現代+(2016年10月31日放送「ピラミッド透視 謎の空間を発見!」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中