「豊洲新市場疑惑」これにて一件落着か?盛り土抜きで幹部8人を懲戒処分

印刷

   東京・豊洲中央卸売市場の「盛り土」問題で、小池百合子・都知事はきのう1日(2016年11月)に計画変更に関わった責任者8人を特定し、退職者も含めて懲戒処分を考えていることを明らかにした。

   「第二次自己検証報告書」によると、「盛り土をしない」と決定したのは、平成23年(2011年)8月18日の市場整備部・部課長級会議で、「地下にモニタリング空間を設置する方針」を確認していた。決定に関与したのは、市場長を務めた2人(OB1人、現役1人)と部長級の職員6人だった。

市場長らぺこりと頭を下げて反省の色なし

   小池知事は「この8人が盛り土をしないことを決めた実務上の決定者だ」と言い切った。当時の市場長だった岡田至氏、元市場長で現副知事の中西充氏、元管理部長で現五輪準備局長の塩見清仁氏らがいる。岡田氏は問題発覚後の今年(2016年)9月には「盛り土が行われなかったのは知らなかった」と言っていた。

笠井:安全宣言なし

   小池知事は、「知らなかったという人もいるが、それで済まされるものではない」と述べ、マネージメントの欠如、責任感の欠如、前例踏襲、チェック不足、意思決定プロセスの不備、職種間の連携不足があったと指摘した。「懲戒処分の手続きを速やかに進めるよう指示した。厳正に対処する」という。

   岡田至氏は「責任を痛感している」、中西氏は「処分は誠意を持って受け止める」と話した。しかし、いずれも「悪いことをした」という感じは希薄で、誰が盛り土をしないと発案したのかも結局分からずじまいだ。

都民が知りたいのは安全な市場はできるのかどうか

   司会の小倉智昭「なんで責任者を洗い出して発表する必要があったのか。小池さんには、これからのために必要だったのかも」「専門家でも、ビルの下に盛り土をしなくてもいいという人は案外多かった。地下空間は良かったのかどうか」

   深澤真紀(コラムニスト)「改善案だから悪いことだと思っていなかったというのですが、それならなんで隠して、ウソをつき続けたんでしょうかね

   小倉「改善したと評価されていれば、今度は私が言いましたと手を挙げるのかも」

   笠井信輔ニュースデスク「空間にしたのが改善とは感じられないですよね。きのうも安全宣言はなかったですよ」

   豊洲市場問題では工事入札など不透明な部分が手付かずだ。これにメスを入れられるかどうか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中