2018年 9月 20日 (木)

電球から発火!神宮外苑アート火災・・・一瞬で燃え上がった木枠と木くず作品

印刷

   東京・明治神宮外苑で開かれていたアート展示イベント「東京デザインウィーク2016」で、6日(2016年)午後5時20分ごろ展示アートのジャングルジムが焼け、中で遊んでいた佐伯健仁ちゃん(5)が死亡、助けようとした父親ともう一人がケガをした事故は、強い照明から木くずが発火したとみられる。

   中に入った20代の見学女性は「ライトが強めで、地上にもありました。木くずの量が凄かった」と話している。

逃げ遅れた佐伯健仁ちゃん・・・父親「中に子供がいるんだ!」

   出火の時には複数の子どもが遊んでいたが、みな逃げ出し、健仁ちゃんだけが逃げ遅れた。木製の枠と木くずの作品に火の回りは早く、父親は「中に子どもがいる」と叫んだが、助け出せなかった。出火そのものをアートのイベントだと思う人もあったという。

たき火状態

   展示作品は埼玉・日本工業大学の学生グループが制作し、高さ3メートル、5メートル四方の木枠と地面に大量の木くずがからめてあり、ふわふわした感触が子どもたちにも人気だった。「素の家」というタイトルで、パネルには「生物は巣を作った」「人間は家を作った」「私は素に戻りたい」「私は家を削り暖をとる」とあった。

   会見した主催者は「お子さんが亡くなったことは慚愧に堪えません」「消防法などにも照らして準備してきたのだが」と話している。

火災事故後もイベント続行

   司会の小倉智昭「木くずの上に薪のようにジャングルジムがあったし、風通しもいい。焚き火状態だったんだろうね」

   岸本哲也リポーター「主催者は消防法の問題がないように準備をしたと言いますが、会場には約600の作品があって、一つひとつを詳しく見るのは難しいとも言っています。イベントはそのまま続けられました」

   山本一郎(作家)「オブジェとしてはよくできていると思いますが、木くずに配電してはいけない。イベントは中止すべきだった」

   石戸奈々子(「デジタル「えほん」代表取締役」「かわいそうで言葉もないです。遊具なら安全基準がありますが、これは作品で、一時的な展示ですからねえ」

   小倉「大学の学生も相当ショックでしょう。きちんと原因を究明してもらいたいものです」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中