バスケ会場で時間が止まった!アメリカでブーム「マネキンチャレンジ」選手も観客も完全静止

印刷

   ストップモーションをみんなでやり、それを動画で撮る。他愛もない遊びだが、これまでの「飛び上がり」や「カメハメハ」を間違いなく超えている。

   バスケットボールの試合会場。映像ではチアガール、選手、ジャッジらが動きの途中で凍りついている。満員に近い観覧席、おそらく1万人以上の観客も、叫んだり、拍手したり、笑ったり、自撮りの最中だったりと、思い思いの「演技」のまま固まっている。そこをビデオカメラが撮って回る。

   そして、それが解けた時、会場が一斉に息を吹き返す。「あーっ」というどよめき。なんとも言えない瞬間を会場全体が共有する。うーん、なるほど。その昔、手塚治虫が描いた「時間よ止まれ」の一瞬だなあ。

ストップモーションを動画で撮る逆転の発想

   これ、マネキンチャレンジと言って、アメリカの高校生が始めたらしい。先月(2016年10月)、動画をインターネットに投稿して、あっという間に大流行した。時間が止まったかのような写真は多いが、これは止まるのは人間で、画像は動画という逆転の発想だ。

tv_20161108121649.jpg

   サッカー選手がジムでトレーニングというのもあった。なにやら見覚えのあるユニフォームだ。選手から選手へカメラが通り過ぎて、「あれ、見覚えが」と戻ってみたら、なんと香川真司だ。なにやら、マシンについてじっと前をにらんでいる。アメリカではバスケ会場を上回るような大観衆を競い合う試みも続々と出ているらしい。

   司会の小倉智昭「香川君はこんなことやってる場合じゃないです」

「とくダネ!」も挑戦!ラーメンすする途中で止まった木下康太郎アナ

   木下康太郎アナが「私たちもやってみました」と編集局でのいたずらを披露した。山中章子アナがパソコンの前で電話の受話器を上げかけている。向かいでは木下が丼からラーメンにかぶりつくところ。隣で笠井信輔ニュースデスクが誰かにペーパーを渡そうとしている。周囲の人間もみんな凍りついている。で、終わった時がなんとも言えぬ瞬間だ。スタジオも拍手、拍手。

   木下「後ろの人まで動くなとか、大変でした」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中