2018年 9月 21日 (金)

韓国・崔順実「戦闘機購入」でも圧力!国防長官もどうにもできなかった

印刷

   韓国の国政介入疑惑で逮捕された崔順実容疑者(60)が、空軍の戦闘機購入にもかかわった疑いが出てきた。2013年9月にいったんボーイング社製のF-15SEに決まったが、半年後に急にロッキード・マーティン社のF-35SAに変更になった。

   F-15は1機100億円で、空軍は60機を導入する予定だったが、F-35は180億円するため40機しか買えず、ステルス性能の機体整備も国内では行えない。

   崔が国防関係者に直接電話していたことを韓国のケーブルテレビ局がスクープし、軍関係者は「国防長官でもどうにもできなかった」と嘆いたという。

在米の美貌ロビイストと結託!1機当たり1億8000万円の成功報酬

   コリア・レポートの辺真一編集長は「ロッキード社製はもともとF-15のライバルでもなかったんです。それをひっくり返したのは誰かが動いたからでしょう、崔氏が軍事まで詳しいわけではないので、もう1人いるのではないかということになります」

航空機疑惑

   その「もう1人」を、韓国メディアは米国在住の武器ロビイスト、リンダ・キム氏(63)ではなないかと報じている。20代は歌手で女優、その美貌を武器商人に見出されてロビー活動に入った。1996年に当時のイ・ヤンホ国防長官に接近し、地対空ミサイルを導入させたという。贈賄罪で有罪判決を受けた。崔は朴大統領を通じてキム氏と知り合ったといわれる。

   戦闘機購入の成功報酬は価格の1~5%とされており、キム氏は1機あたり少なくとも1億8000万円を受けとった疑惑がもたれている。

   司会の羽鳥慎一「韓国のロッキード事件かもしれないですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中